フランチャイズ

フランチャイズと呼ばれる契約を結んで、独立、開業する人も少なからず見受けられます。この契約では、みずからはフランチャイジーとなり、フランチャイザーと呼ばれる本部企業の商号や商標、商品などの使用権、営業上のノウハウなどを提供してもらう事が可能となります。したがって、まったくのゼロから独立、開業するのとは違って、世間的な知名度や顧客に対する信用度が高く、スタート時点から高い集客効果を見込むことが出来ます。そのような特性を利用して、未経験の人がフランチャイジーとなり、この事業に参入するケースも数多く存在します。

ただし、たとえそういった利点があったとしても、経験の浅い人が、店舗の運営をとどこおりなくおこなうためには、数々の問題が待ち受けていることもまた、否めない事実になります。そういう意味では、本部企業が多くの時間や費用、エネルギーを費やして、加盟店の教育、指導をほどこすことが求められます。

フランチャイズ契約でよくあるトラブル事例を研究することで、同じ失敗を繰り返さないための施策を講じることも可能となります。例えば、加盟店の教育、指導にかかる時間やエネルギー、コストを節約するためには、マニュアルを作成するのも有効な選択肢になります。また、しっかりとした契約書は、無用なトラブルを回避するために役立つでしょう。

こちらのサイトでは、フランチャイズ契約の概要やメリット、注意するべき事柄、過去のトラブル事例等に関して説明します。